Skip to content

HoloPlay Unity SDKドキュメントへようこそ

(2019年3月更新 v1.0版)

HoloPlay Unity SDKはあなたのLooking Glass中の3D立体体験を創るのに役に立ってくれます。初めてのお方は、 設定方法をご参照ください。

特徴

全てSDKの特徴を把握するには、サンプルシーンを参考するのが一番の方法だと思います。

これらのサンプルシーンにはたくさんの役立つトピックが含まれます、例としては:

  • 3D UnityコンテンツをLooking Glassの中に表示する
  • Quilts(キルト) - Unity以外の環境とでもlightfield(ライトフィールド)データを統合して扱えるテクスチャフォーマット
  • 3Dカーソルが使えます
  • 2Dモニターサポート
  • 1つのUnityシーンで同時に複数のLooking Glass(マルチスクリーン)をサポート

参考資料

Prefabについて

Unityでは、開発を容易にするために、SDKにprefabを用意してあるのが一般的です。HoloPlay Unity SDKはこの流れに従い、Assets(アセット)/Holoplay/Prefabs(プレハブ)にいくつかのプレハブを提供します。その仕組みを理解するため、prefabドキュメントをご参照ください。

スクリプトについて

より高度な開発者は、スクリプトはどの仕組みになっているのをもっと知りたいと思うかもしれません。下記のページでは、SDKのすべての重要なスクリプトのpublicフィールドと機能について説明します。

Leap Motionを追加

最後に、もしLooking Glassで開発にLeap Motionを使いたい場合は、Leap Motion 統合ガイドをご参照ください。

自分の作品を共有する

あなたが創った作品を広大なLooking Glassコミュニティで共有したいのならば、madewith.lookingglassfactory.comでそれが可能になります。

何か問題ありました?

問題が発生した場合は、 Github issuesページでお知らせください。